何分からが遅漏?

Posted on

時々Yahoo!知恵袋などで「私は遅漏でしょうか?」というような質問を見かける。大変的を射ない質問であるし、その回答も的を射ないものが多い。まず遅漏にも早漏にも明確な定義は存在しない。何分以上の場合は遅漏で、何分以内が早漏という相場は存在しないのである。なぜ定義が存在しないかというと、そもそもセックスは相手がいてのことであって、相手と自分がどう感じるかが全て、非常に相対的なものだからだ。

もし両者共が早いなと感じていれば早漏で、両者共が遅いと感じていれば遅漏である。ゆえに3分以内は早いと感じるものもいれば、10分でも早いと感じるものもいるということだ。遅漏も同じである。20分でも遅いと感じるものもいれば、10分で遅いと感じるものもいる。「私は遅漏でしょうか?」という質問は「時速50kmは遅いでしょうか?」という質問と同じくらい的を射ていないのだ。

ただ少なくとも「私は遅漏だろうか?」という疑問を持っているのであれば、自分は射精が遅いと思っているか、パートナーが射精までの時間が長いと感じているかもしれないと思っているかのどちらかだろう。もし前者で、パートナーも同じようなことを感じているのであればそれは遅漏だ。改善を試みるのがよいだろう。もし後者が思い違いであれば、何分だろうと遅漏ではない。反対に後者が真実であれば、それが何分だろうと改善を検討していいだろう。

しかし遅漏の改善は何も射精を早めるだけに限らない。例えば挿入時間が長くて体が疲れることに不満があるのであれば、体位を変えて疲労を軽減すれば不満は解消されるかもしれない。挿入時間が長くて睡眠時間が削られるのが不満であれば、ベッドに入るのを早めればいいだけのことだ。

ここでも遅漏は相対的な問題なのである。射精までの時間が長いことが問題になっているかということだ。窮屈な体位であれば、または明日の朝が早ければ早く終わりたいもしくは、終わらせてほしいと思うのが普通だろう。

ただ参考までに挿入後射精までの平均時間は7-10分と言われている。つまりそれより長ければ、一般的には少し長いとされる。かといって15分が長いと感じるかどうかは人それぞれだ。巷にはスローセックスなどという方法もあるくらいで、長いセックスが好きなカップルもいるわけである。逆にそもそもあまり挿入を好まない女性もいる。そのような女性にとってはなるべく早く終わってほしいと思っているはずだ。さらに前戯の時間にも大きく影響を受ける。

1時間も前戯した後に長い挿入はツライであろうし、3分の前戯で挿入も7分であれば物足りないと感じるものも無理はないだろう。自分は遅漏なのだろうかという疑問を持った際は、パートナーとまず認識を合わせることが大切である。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>