思っているよりも深刻な遅漏

Posted on

このサイトをご覧になっていただいているということは、遅漏がなんであるかはすでにご存じだろうと思う。そしてその遅漏に悩まされる一人であるということでもあろうかとも思う。一応説明すると、遅漏とはセックスにおいて射精するまでに要する時間が長い、または射精ができないと事を言う。

遅漏を語る際にポイントなのは「セックス」と「射精ができない」というところだ。つまりセックスではなく、オナニーであればふつうに射精ができる。また遅漏と言うとその言葉の通り「遅い」と思いがちだがそれだけではない。射精ができないというのも遅漏に含まれ、膣内射精障害とも呼ばれる。つまり早漏と遅漏は広義で対義語ではない。早い遅いでの違いではないのだ。

ちなみに早漏で一番悩むのは誰であろうか?当たり前だが男性だ。もちろん早漏の男性に対して女性も不満を持つだろうが、一番悩んでいるのは当の男性だ。

では遅漏で一番悩むのは誰であろうか?実は当の男性とは言い切れない。男性以上に悩んでいる女性がいるのだ。遅漏に対するそれは、早漏に対する不満とは全く別物である。不満という生易しいものではない。場合によっては思い詰めると言った方が正しいだろう。

早漏、つまり男性がすぐに射精してしまうということで生まれる不満は、セックスが物足りなくない程度のものだろう。ただそれだけである。

遅漏、つまり男性がなかなか射精できないことで生まれる不具合は一つではない。まず深刻なのがセックスで妊娠が困難になるということだ。これは遅漏の重い症状で膣内で射精できない場合に引きおこるものだが、男性不妊症の一つとして問題の一つとなっている。夫婦関係に支障が出かねない問題である。

次に身体的負担だ。遅漏の男性は射精するまで挿入を続けようとするわけだが、30分でいい場合もあれば数時間を要する場合もある。男性にはわからない部分だが、数時間に及ぶ場合膣内が渇いてしまい、摩擦によって膣壁にから出血してしまう場合もあるようだ。もちろん腰の負担も生半可なものではない。このような負担があることで、セックス自体を敬遠してしまうことが多々ある。

最後に精神的負担だ。私では満足できないのだろうかという類の感情である。早漏であればそれほど私は魅力的なのだろうかとプラスにとらえることもできようが、遅漏ではそうはいかない。ましてや遅漏はオナニーでは普通に射精できてしまうため、その悩みはことさらに深くなるのは想像にたやすい。

以上3つは女性から聞かれるよくある遅漏の悩みである。もちろん当の男性も悩んでいる。不妊はもちろん、身体的負担は女性ほどにないにせよ男性にもある。また女性と別種の問題としてセックスが気持ちよくないというのも悩ましい。

遅漏は射精が困難なことをさすが、これは快感が低減しているために起こるのだ。性的興奮をしてセックスをしたいという意思があるにも関わらず、快感を感じられないというのも情けない話である。

このように遅漏の悩みは両者にとって大変深刻である。あなたのパートナーがどう悩んでいるかを知りたければ、Yahoo!知恵袋などで「遅漏」と検索すればいいだろう。男性による書き込みが6割、女性による書き込みが4割で、お互いに悩んでいるのがわかる。

ちなみに遅漏で一番深刻なパターンは、女性がパートナーの遅漏に悩んでいるものの、男性は遅漏の自覚がないというものだ。場合によっては男性は長時間の挿入には女性を満足させることができるから、むしろ良いと考えている者まである。このあたりも悩みを深くさせている要因だ。

遅漏はこのように大変に深刻な問題である。早漏など可愛いものだ。ただ遅漏は先天的なものではない。日々の習慣などが原因で発症したものであるため、習慣を改善すれば治すことができるものでもある。このサイトではその治し方について解説していきたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>